徒然〜

もう5月も終わりというのに、息子、相変わらず風邪ッピキ。

やっぱり、ちょっと良くなったからといって、風邪の諸症状が無くなる前に遊びに出ると、なかなか治らんね。母、反省。

もうほとんど良かったし、元気満々だったから、自転車乗りに行ったりしてると、やっぱり急に冷えたりして、いかんのね。結局、水泳も先週より始まったから、それもいかんわね。

ということで、もうほとんど大丈夫っぽいけど、今日も一日家で軟禁。元気があるからそれはそれで、こっちも辛い。外も晴れてるしねぇ。週末にかけて、毎日、日中は24℃とかになる、素晴らしいお天気やのに。

でも、我慢我慢。

今週は、久々のオンラインコースが始まったり、仕事のミーティングがあったり、ちと忙しかった。明日の夜も、ミーティングがあって、明後日はオンラインコース。旦那も、相変わらず忙しいらしく、帰って来ても仕事して、午前様で、朝は早よから出て行く日々。ホンマ、突然倒れたりせんといてよ〜。と心配。

そう言えば、今日開けた出前一丁。香港産のものやったけど、封を開けたら、最初の一袋目はラー油の袋が二つ。そして二袋目は、何と三つ入ってた。詰めてるおばちゃんらが、「こんなん一袋やったら、美味しないやん!」言うて、詰めたんかな。

ま、何にしても、そのアバウトさが良いかも(笑)。

ほぼ、一年前の写真。飛行機の中で。

帰って来ました〜

って大分前に(焦)。

4月30日の午後11時過ぎに、カルガリーの空港には着いたんやけど、雷雨のせいで地上係員が作業出来んという事で、荷物が出て来るまで1時間程。で、出て来たけれど、相変わらずスゴい荷物で、すぐにターンテーブル横にいるのは私ら親子のみ。またまた関税の人が来て、チャッチャと荷物をカートに積んで、運んでくれました(笑)。ゲート出て、私が旦那を見つけられんでいると(ってか深夜の空港のゲート、多分10人もいなかったと思うんやけど、やっぱり疲れやね。見つけられんかった)、係の人が、「ホレ、旦那あっち」って荷物のカートを押して行って、旦那に渡してくれました。

ありがたや〜。

しかし、今回は、日本でチェックインする時に、まさかの「お客様、ベビーカーを預けるのでしたら、既にスーツケースは4個あるので超過料金になります」って。

いやいや、ベビーカー預けるのに、超過料金要らんはず。

しつこく、「そんな事は無い」と食い下がり、「どこかに明記してあります?」と聞いても、ぬらりくらり。折り畳めるベビーカーはOKなはずなのに。隣のブースの地上係員も「え、ダメな筈」って。

え、●ナイテッドはそうなん?と諦めてクレジットカード出すも、やっぱり腑に落ちんから、「ホントに?」今まで払った事無いよ。2歳までの10%しか払ってへん子がOKやのに、ちゃんと子供料金払った子が、あかんっておかしいよ。

言うたら、「アンブレラストローラーのみです」って。

いやいや、これもそうやから。そう言うたら、初めて、首を傾げながらスーパーバイザーに電話。ここまでで、既に1時間すったもんだ。で、スーパーバイザーとの30秒程の電話で、「こちらの勘違いでございました。ストローラーは1台大丈夫です。」って。きっちり分かってへんのやったら最初から、チャンと聞けよ!

ていうか、超過料金として200ドルとか言うておいて、これやもん。それも、そのお姉ちゃん、そんなに無茶苦茶経験無さそうでも無いのに。

ホンマ、思い出したら腹立つわ。暴れたら良かった。でも、その時は、既に、列で1時間待って、やり合いで1時間。怒る気も失せたから何も言わんかったけど。でも腹立つからここに書いとこ(笑)。

南アフリカの空港で似た様なやり取りがあって、「やっぱり教育が徹底してないよねぇ」言うててんけど、日本でこれとは。ウチの父も怒り炸裂。「大体2時からチェックイン開始する、言うておいて、2時からミーティング始めて、30分もチェックイン開始遅れて、一言も無しって言うのも、許せん」言うてました。

でも、北米では、良くあるよな〜って思っても、日本人ばかりのグループでやられると、確かにおかしいよね。遅れたりするのは、あっても、日本でそう言う場合って説明が入るやん?でも、全く無しやもん。

ちょっと、この先は●ナイテッド使うの考えさせてもらお。でも、一旦、チェックイン済んだら後は大丈夫やったけど。

関空にはキッズコーナーがあって、無料でかなり遊べるの。すっかり遊んできました。写真は、また後で〜。

 

ちゅうことで、怒り炸裂やったけど、無事帰れたよ。